その摂り方間違ってない?正しいココナッツオイルの食べ方

ココナッツオイル
炭水化物と一緒に食べると残念なことに

炭水化物と一緒に食べると残念なことに

 

油といえば

●メタボになる原因
●血管を汚す
●ダイエットの敵
など悪いものの代名詞のように言われてきましたが、実はそれが間違ったものなのでは
ないか、という研究が最近では見られるようになってきましたよね。

そんな中注目を浴びているのがココナッツオイル。

テレビやメディアでよく言われていますので、ご存じの方も多いと思うのですが、
実は食べ方次第では効果がなくなってしまうことをご存じですか?

大切なのは食べ方

 
ココナッツオイルを食べるというとパンにつけて、やお菓子を焼くときに、といった使い方
をされてる方もいらっしゃると思います。
ただ、この使い方では体内の脂肪は燃やされません。
なぜなら炭水化物と一緒にとられているからです。

ココナッツオイルの効果を最大限に利用するためには炭水化物と一緒にとってはいけないんです。

つまりパンやクッキー、マフィンなどに入れたらダイエット効果としては効果半減なのです…
ココナツオイルをダイエットに生かすためには低炭水化物の食事を心がけるのではなく、

1食くらいは炭水化物のない食事を心がける

ことが重要なんですね。

もちろん炭水化物も大切な栄養素なので、とらなくてはならないのです。

ただ、タンパク質とココナッツオイルだけの食事(果物も糖質になるのでこの時は避ける)

にすると、より効果があるんだそうですよ。